今日もれいあは夢と戦う

今日もれいあは夢と戦う

自分の人生を思い描いたものにするために試行錯誤してます。

貧乏なのに犬を飼う理由

f:id:tsutsumi000lifework:20161016125719j:plain

こんにちは! れいあです!!

犬って可愛いですよねー。

写真のコなんて、うちの子でもないし会ったこともないのに今すぐ撫で回したいです。

 

それくらい犬、大好きなんです。

もう犬に依存しまくってると断言できます!!

 

犬飼わなきゃ早く借金返済できるのにね~

 

そんな声が聞こえてきそうですが、

 

そんなこと よくわかって飼ってます(^_-)-☆

 

 そんな私が「犬って最高!」と思う理由をまとめてみました。

*愛情のが溢れて止まらないので長くなります。 

犬を飼い始めた瞬間から一生のパートナー

 犬は自分では何もできません。ご飯を獲得することも、外を自由に歩き回ることもできません。

トイレは教えなければ本能に従い、好きな場所に撒き散らかします。

(犬にとって寝床以外は全部トイレです。粗相と思うのは人間の都合です)

飼い主である私がご飯を与え、トイレの場所を教え、人間と仲良く暮らしていけるようトレーニングします(トレーニング大好き♡)

犬は100%飼い主に依存して生きています。飼い主は無償提供です。

 

そう、無償です!!

 

なぜ無償提供できるのか。

 

ただ ひたすら 可愛いから!!!

 

それだけなんですね。

飼い主にすりより、おなかを出す。これだけで高級なスペシャルおやつを差し上げたくなってしまうくらいに可愛いんです。

 

そのうちに飼い主は愛犬がいる生活が当たり前になり、しつけに磨きがかかり、犬はどんどん人間社会に適応し、中におっさんが入っているんじゃないの?と疑いたくなるような仕草で常にそばにいます。

(毎日話しかけて育てると、そのうち会話ができるようになります)

愛犬がいなかった時にどういう生活をしていたか忘れます。

 

そして飼い主が死ねば、犬も死にます。

犬が死ねば、飼い主も(心が)死にます。

 

ペットロスなんて言葉もあるくらいです。実際に私も愛犬を亡くしているのでよくわかりますが、ペットロスがひどい場合は社会的活動ができなくなります。 

そのくらい深刻なダメージがあり、それくらい大切なパートナーになるのです。

外に出るようになる

先代犬はお散歩に連れて行ってもあんまり歩きたがらない子だったんですが、今うちにいる2匹はお散歩大好きです。

私は引きこもり体質で、自分の買い物もめんどくさがって外に出ないタイプだったんですが、お散歩に行く習慣がついてから気軽に外に出るようになりました。

私にとっては大きな変化です。

天気のいい時間帯に連れて行ってあげたいので、休日も遅くまで寝てることはなくなりました。

働く

私、働くの大っ嫌いです!!

でも犬が安楽に暮らしていくには私が稼がないといけません。愛犬がいなかったら働いてないでしょうね、マジで。

一時期 愛犬にアレコレ買ってあげたくて、副業をたくさんしました。土曜日だけのアルバイトやメルカリ・ヤフオク・アマゾンで不用品を売りました。

アルバイトはすぐ辞めましたが、ネット販売が楽しくて、商品を仕入れて売ることを始めました。

おかげで大切なことが分かりました。

働くのが嫌なのではない、会社勤めが嫌いなのだ

自分で稼ぐの楽しい( *´艸`)

 

以来、積極的に副業をしています。

きっと犬がいなかったら、副業なんてやってないでしょう。

日常に笑顔があふれる

犬って面白いですよ~。見てるだけで飽きない!

寝てるかと思えば白目向いて筋肉がビクビク動き出すし、わふっわふっと寝言言うし。

嬉しいことがあれば全身からエネルギーを大放出しながら喜ぶし、おやつが欲しすぎて勝手に芸をやり始めてみたり・・・仕草の1つ1つが可愛くて面白くてマヌケで癒されます。毎日笑顔です。犬見て笑えなかったら病んでるので、その日何もしないでリラックスに徹します。

もちろん良いことばかりではない

うちに迎え入れた瞬間からしつけが一通り終わるまでは悲惨です。

部屋中がう○こまみれになるのは日常茶飯事です。犬は噛みます。吠えます。

留守番中にケージから脱走してゴミ箱をひっくり返し、部屋中生ごみだらけになってたことが何度かあります。

先日は机がひっくり返ってました(どうやってひっくり返したのかは謎)。

しつけが行き届くまでは動物園の折の中で暮らしている気分です。

 

しつけが成功しても、気軽に旅行は行けないし、終電を逃したら満喫で始発を待つなんてできません。家でご飯を待っている愛犬のためにタクシーで帰ります。タクシー代に1万5千円使ったこともあります。

引っ越しもペット可物件のみで家賃も高いです。

犬が年老いたり病気になったら看病です。先代を看病しましたが、人間の看病と変わりません。違いは人間のように喋らないのと、小型犬だったので体重が軽いことくらいです。病状を訴えてくれなくて辛かったです。病院代も高い( ノД`)シクシク…

それでも犬と暮らす


(c) .foto project

私が犬を求めて、犬も私を求める。

犬に与えたお返しに、穢れのない純粋な愛を返してくれる。

犬のために働き続け、犬のために住環境を整えるのが夢です。

もし犬がいなかったら、即座にダメ人間になる自信があります。

なので貧乏でも犬を飼います。その代わり犬には「こいつに飼われて良かったな」という生活をできる限り提供します。

まだまだ溢れる犬への思止まりませんが、「へぇ、犬好きなんだ」くらいは伝わったと思うのでこの辺で切り上げます。

★犬の良さ・れいあのイヌ愛について書きましたが、飼育を勧めるものではありません。

 気軽な気持ちで動物を飼育しちゃダメよ!!