今日もれいあは夢と戦う

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もれいあは夢と戦う

自分の人生を思い描いたものにするために試行錯誤してます。

「経済状況が悪いと見た目が老ける?」老け顔は生まれつきじゃい!!

 

headlines.yahoo.co.jp

 

仕事でたまたまヤフーを開いたとき、この記事が目にとりました。

借金をしていると「経済的ストレス」って言葉に敏感になります。

 

借金を持ってからトータル約8年、この記事を読みながら今までのことを振り返りましたので、まとめてみました。

 

もともと老け顔

子供のころから実年齢+2~5歳くらい上に見られてきました。

酷いときは、小学校6年生の時に大学生と間違えられました。

小学生の時に、子供料金を適応するかしないかで親と駅員さんがよくもめてました。

母親いわく、幼稚園児頃までは常に母子手帳を持ち歩いて提示しないと 誰も私の本当の年齢を信じてくれなかったそうです。

 

実家は普通の経済状況

実家の経済状況はというと、共働きでごくごく普通だったと思います。

「うちは貧乏だからね!」

母親はよく言っていました。

両親は若くして子供を産み、田舎とはいえ30歳前後で家を建てているので確かに苦しかったとは思います。でも子供時代を振り返ると○○が買えなくて困ったということもなかったのです。

 

私が高校生になったころ、父親が実は高所得者だったことを知りました。

 

それでも私は実年齢より老けて見られていました。

 

実家を出て一人暮らし

実家にいた頃は、地域の人はほとんど知り合い状態だったので年齢に関して特に言われることは少なかったです。

地元を離れ、一人暮らしを始めたのが18歳。でも20歳以上に見られてました。

初対面の人ばかりで、年齢の話しをするのが面倒でした。

先輩と居酒屋に入っても、同級生は店員に入店拒否されるのに私はノーマークでした。

大学時代の同級生にも「仲良くなる前は、浪人して入学したのかと思った」と言われたこともあります。

 

一人暮らしを始めてから約3年間は貯金もなければ借金もありませんでした。

それでも安定して+2歳以上に見られてきました。

 

借金ができてから変化が

返済に困らないうちは特に変化はありませんでした。

しかし何年か経って、返済に困り始めてから周りの反応が変わりました。

 

「ちゃんと食べてる?」

「顔がこけてる」

「(初対面の人に)30歳くらいに見える!」(当時24歳)

 

30歳に見られたのはかなりショックでしたねー。借金があるとはいえまだ若く、恋愛も楽しみたい時期でしたから。

 

顔がこけたのは食生活が貧しくなったからでしょう。

さらに四六時中お金のことを考えたり、将来のことを考えたりでかなりストレス状態でした。

この返済に困っている期間に2度胃カメラを飲んでいるので、自分が感じてた以上に辛かったんだと思います。

 

借金によって老け込む理由を考えてみた。

  • 食事が質素になる。
  • 食事をしない日が多くなる。
  • 食事の楽しみがなくなる。
  • お金がないので、遊ばなくなる。
  • 漫画やゲームを売り払ったりして娯楽がなくなる。
  • 好きだったものが身の回りから消えて活力もなくなる。
  • 食料品の買い物すらストレス
  • 新しいもの・欲しいものが買えない
  • 遊ばないし話題も減るので交友関係が面倒くさくなる。
  • 人と会う機会が減って、喋ったり笑ったり楽しんだりする機会が激減する。
  • ノリが悪くなる。
  • 楽しいことに参加しても心の底から楽しめなくなる。
  • 日常に刺激がなくなる。
  • 頭の中はお金でいっぱい。他のことが頭に入らない。
  • お金のために働くけど、それ以外は無気力。
  • ため息が多くなる。
  • 行動のすべてがお金に支配される(これが本当にストレスだった)
  • 鬱になる(病院に連行される一歩手前までいった)

こりゃ老けますよ。

 

債務整理後

債務整理スタートからしばらくの間「返済しない」という状況がありました。

弁護士さんが各ローン会社に交渉をスタートさせ、書類の取り交わしをして弁護士費用を請求される前のほんの2か月程度でした。

 

ほんとうに天国に帰ってきたような心もちでした!!

 

結局生活を立て直すので精一杯でしたが、請求が来ないというのがどれだけありがたいことか!

この時久々に心から笑ったと思います。

 

それからも返済に苦労する時ありました。でもお給料のいい今の職場で働き始めたこともあって、当時ほどお金に悩むことはなくなりました。

 

結局老け顔

冒頭のyahooニュースを読んだ後、職場の人に「見た目だけだと何歳に見えるか」聞きました。

  • 喋ると年相応だけど30歳
  • タメぐらい(その人32歳)
  • もう30歳目前って感じかな?
  • 30歳かなー、違ったらごめんね!テヘッ

*28歳になったばかりです。

  • キャピキャピ感がない。
  • 雰囲気が落ち着いてる。
  • 堂々とした雰囲気
  • 見た目だけだとしっかりしてそう
  • 一人で生きていけそう

というのが理由だそうです。

 

確かによく言われます。・・・って結局老け顔じゃん(´;ω;`)ウゥゥ

 

 でも実年齢から大幅に外れた年齢は言われなかったので、大きな進歩だと思います!

 

まとめ

経済的ストレスによって老け顔になるというのは本当だと思います。

お金のことで頭がいっぱいなのに、キャピキャピできるほどメンタルは強くありません。

昔は好奇心旺盛だったのが、今では好奇心ってなんだったっけ?くらいなくなってます。

 

好奇心って若々しくあるために必要なんですよ。常にワクワクしている人って、たとえおじいちゃんでも生き生きしていてフットワーク軽いですよね。

大学生が教授に圧倒されるのは、若者より心が若く瞬発力があるからです。たいていそういうおじいちゃんはお肌ピチピチです。

借金があると、興味があってもまずお金のことを考えてしまいワクワク感0です。

フットワークもクソ重い、というか行動できません。

 

経済的ストレスはこの好奇心と行動力を奪うので、見た目も老けていくんだと思います。

 

借金完済後に「見た目=年齢」になることを信じて返済に励みます!