今日もれいあは夢と戦う

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もれいあは夢と戦う

自分の人生を思い描いたものにするために試行錯誤してます。

そろそろ心療内科に行った方がいいのかな

こんばんは、れいあです。

 

仕事中に突然頭がおかしくなっちゃったので、頭の整理がてら吐き出します。

  

普通に仕事してたのに、頭がパニック

年が明けて、仕事がたくさん回り出して楽しく作業に没頭してます。

 

今日も順調に仕事をしていたんですが、急に手が止まりました。

そしたら噴水のようにネガティヴな感情が溢れ出てきたんです。

 

  • 私なんていない方がいいのに
  • 接してきた人全員に嫌われてる
  • 友達にも嫌われてる
  • 私の言うことなんて誰も聞いてるわけがない
  • 自業自得の貧乏人は、どんなに綺麗事言っても悪い存在
  • こんな出来損ないは社会に不要
  • ってかなんで生まれてきたの?
  • 存在が迷惑だから消えてしまえ

 

こんな言葉が体中を駆け巡りました。

 

そんな訳ない!と溢れ出てくる言葉を否定していきますが、ネガティヴな噴水の勢いは止まりません。

 

意識はしっかりしていたので、とりあえず外に出て休むことにしました。

 

高校の時、鬱っぽくなってから発作が出るようになった

高校のときに、性に合わないスポ根系の部活に入ってしまったため精神を病んだことがあります。

 

  • 何も楽しくない
  • 笑えない 笑うところだと空気を読んで愛想笑い
  • 学校が嫌だ(田舎なので校門まで強制的に車で送られるため不登校にはならなかった)
  • 今まで明るかった将来のイメージが消えた
  • 包丁を見ると自殺したくなる(痛いのが大っ嫌いなので行動せず)

 

電車も通ってない田舎なので、親に車を出してもらわないと病院に行けない環境です。

そして親に鬱っぽいなんて、とても言い出せませんでした。

 

なので誰にも相談せず、病院にはいきませんでした。

 

通学も親の送り迎えで、校門に車を横付けするので不登校にはなりませんでした。

 

そして学校生活を送るうちに次第に鬱っぽさが良くなっていきました。

 

そしてこの時から定期的にネガティヴ発作がおこるようになります。

 

ネガティヴ発作はそこまで酷くない

  • 出来損ない
  • 無価値
  • 消えればいいのに

 

これが私の3大ネガティヴワードです。

発作といっても、たまーに突然この3つの言葉が頭を駆け巡る程度です。

 

なんてことありません。

 

だって出来損ないで無価値な人間でも割と普通に生きてけるんだから世の中悪くないじゃん♪

 

って思ってるので。

 

仕事の手が止まる程じゃありません。

 

今回の問題は本気で溶けて消えてしまいたかったこと

今日の発作は容赦なかったー。

 

今まで育ててきた私なりの人生哲学が1つずつ崩れ落ちて、出来損ないで無価値な本当の私が引きずり出された感じ。

 

うーん、なんか違うなぁ

 

元々出来損ないで無価値で消えるべき存在を、綺麗事(私なりの人生哲学)でムリヤリ正当化して隠していただけ ってことを認識してしまった。

 

だから本気で私という存在を消したくなった。

 

うまく文章にできないけどそんな感じです。

 

痛いの嫌いとか言ってる場合じゃなかったんですね。

 

*死にません

いったん仕事を中断して頭を冷やしたら、とりあえず仕事はできるようになりました。

 

その後に仲の良い同僚と休憩してお喋りしたら、いくらか気分が回復しました。

 

今、いつも通り元気です。

 

心療内科に行くべき?

きっといつもの発作です。

ただちょっと酷かっただけ。

 

いつもの風邪かと思ったらインフルエンザだったー、みたいな。

ウイルスではないので早く寝れば、全快すると思います。

 

インフルエンザと違ってこのまま放置しても死ぬわけじゃないから、できれば病院に行きたくない(病院嫌い)

正直こんなことにお金を出したくない(給料日前&貯金崩したくない)

 

とはいえちょっと迷ってます。

今回のはさすがにパンチが強かった。


今度こそ心療内科に行ったほうがいいのか考えてます。

 

でも心療内科って私にとってはまだまだハードルが高いです。

 

 鬱ほどひどくないのでカウンセラーに自分語りして終わるだけな気がします。

 

カウンセリングの結果、異常なし!ただの変な人!  ってことが明確になったらそれこそ立ち直れなさそう。

 

うーん、どうしたらいいんだろう。

心療内科とか精神科とかカウンセリング以外のいい方法はないかなぁ。

 

 とりあえず今日はゆっくり寝ます。