今日もれいあは夢と戦う

今日もれいあは夢と戦う

自分の人生を思い描いたものにするために試行錯誤してます。

天皇の誕生日 一般参賀に行ってきました❗️

こんにちは!れいあです。

 

12月23日 一般参賀に行ってきました。

 

きっかけは親に誘われたから。

「平成も終わるし、皇居に行ったことないから、一般参賀に行こうと思うの」

 

たしかに天皇を直に拝める機会って貴重だなー、と気軽な気持ちで同行することにしました。

 

考えてみると、長いこと東京付近に住んでおきながら皇居に行ったことがありません。

 

いい経験になりそう!

 

激混み

9時に東京駅に待ち合わせをし、皇居に向かうとすでにものすごい行列。

後で知ったんですが、昨年の2倍の人が駆けつけたそうですね。

 

近くに並んでいた人が、スーツケース片手にバリバリの方言でお喋りしていたので、全国からたくさんの人が来てるんだなーとは思ってました。

 

外国人の家族も見かけましたよ。

 

人数はたくさんいますが、案外スムーズに前に進みます。

 

ここで日の丸の旗を貰いました。

 

手荷物検査

手荷物検査があることは知っていたので、カバンの中は貴重品だけにして、荷物は東京駅のコインロッカーに預けてました。

 

しかし!リュックで行ったのが間違い!!

手荷物検査では、荷物の大きさ制限があり、リュックは預けなければいけない荷物の対象でした

 

手荷物預かり所へ誘導されて、名前・住所などを書く紙を渡されます。

 

記入しようとしたところ、後ろで控えていた係員が

「この大きさだったら持ち込んで大丈夫ですよ」

と助け舟を出してくれました!

きっと、もう少し荷物が多くてリュックが膨らんでいたらアウトだったと思います。

 

係員にお礼を言って、次のブースに向かいました。

 

ちなみにペットボトルは持ち込み禁止です。

母親は水筒を持参してましたが、その場で毒味をするよう指示されたようです。

係員の前で、中身を飲めば持ち込みOK。

 

ボディチェック

次はボディチェックです。

金属探知器でチェックされます。

 

ここは問題なくクリア

 

また行列に並びます。

 

広場にたどり着く前に体力を消耗する

9時30分開門で誘導に従い中に進みます。

皇居のBGMは雅楽でした。

天皇のバースデーミュージックは和風です。

1番大量を消耗したのはここ。

開門前の広場はフカフカの砂利。

門の中は上り坂。

スニーカーで対応はしてましたが、砂利が足にこたえました。

砂浜を歩くよりきついかも。

 

比較的前に行けた。

私と父親は背が高いです。

なのでこういうイベントでは視界がよく、有利です。

しかし母親は150cmと小柄なため、私たちが見やすい場所を探し、母親を押し込みます。

 

その甲斐もあってか、予想してたより前に行けました。

たとえ米粒サイズでも、天皇を拝めるだけありがたいと思ってたのでラッキーでした。

 

1回目のお出ましに間に合ったのもラッキー。

 

宮殿前の兵隊さん?を観察してました。

f:id:tsutsumi000lifework:20171224144740j:image

微動だにしない兵隊さん。

大変そうだなーと思ってましたが、割と頻繁に交代してました。

 

はじめは2人でしたが、お出ましの時間が近づくと4人に増えました。

 

いよいよお出ましです。

 

天皇の存在ってすごい

f:id:tsutsumi000lifework:20171224145000j:image

 天皇がお出ましになったら、一斉に旗を振りました。

天皇は手を振ってお応えしてくれます。

 

私はせっかくなので、旗振りもそこそこにお姿をよく見ることにしました。

 

品というか格というかオーラというか

 

お姿はテレビで見る通り穏やかで優しそうなんですが、やはり別格です。

 

皇后も気品溢れる出で立ちで、天女さまのよう。見惚れてしまいました。

 

雅子さまの笑顔が素敵だったのも印象的です。

秋篠宮家は位置が遠く、細部まで見れませんでしたが、振る舞いが美しい!

 

皇族とはこういうものかと感動しました。

 

天皇の御言葉は簡潔で

 

誕生日にあたり、国民の祝意に感謝する。

過去の災害にあった人が、未だ不自由な生活をしていることを案じている。

今年も残り少なくなったが、来年もより穏やかに過ごせるよう願っている。

 

と言った内容でした。

 

御言葉の後はまた旗を振って、天皇は手を振ってお応えしてくれます。

 

2回目

私と父親は大満足したんですが、母親があまりお姿を見れず納得してない様子だったので2回目のお出ましも見ることになりました。

 

帰る人と残る人で揉みくちゃになりながらもガンガン進んで素晴らしいポジションをゲットしました。

 

2回目のお出ましがこちら

f:id:tsutsumi000lifework:20171224162352j:image

 

表情までくっきり見ることができました。

 

 御言葉は同じなので、じっくりとお姿を目に焼き付けました。

 

出口

またもや揉みくちゃにされながら出口へ。

この時に旗を失くしてしまいました。

 

出口では皇室グッツが売られてました。

入場者限定です。

 

皇室カレンダーに菊の御紋饅頭など

 

お出ましに間に合わなかった人が、せめてお土産でもと係員に掛け合ってましたが、検査を受けてないからか、一切取り合って貰えませんでした。

ちょっと可哀想。

 

f:id:tsutsumi000lifework:20171224163259j:image

 

木々とビルとお城?の面白い光景

皇居ならではの風景を眺めながら歩きました。

 

現代的なビル群よりも、お堀の石垣の方が威圧的で凄みを感じました。

 

今回は建造物をゆっくり見られなかったので、また改めて皇居に来てゆっくり観光したいなぁと思いました。

 

まとめ

歴史的にみても、外交的にも天皇の凄さは知ってるつもりでした。

でも直接拝見すると、自然と頭が下がるような存在感です。

 

また脈々と続く天皇を、直で見れたと思うと嬉しいですね。

 

退位された後も、1日でも長く御健在下さるよう願うばかりです。

 

天皇見に行くー!くらいの軽い気持ちでしたが、とても貴重な時間になりました。